無駄な保険の有無

生命保険は、人生最大級の買い物と言われています。
保険料自体たいして高くないと思われがちですが、10年~20年支払い続けた時の金額は膨大なものになります。
そのため無駄な保険があれば即刻解約しないと、無駄な支出がどんどんと積みあがってしまいます。
生命保険で一番効率的なものは、掛け捨ての死亡保険と言われています。

万が一の際、家族に残しておくお金を生命保険で賄おうとするものですが、保険金額や年齢が高くなるほど保険料は上昇します。
年を取るにつれて、子供が独立していき、万が一の際の必要金額は減っていきます。

また、貯金等がたくさんあれば、そもそも死亡しても保険金をあてにする必要がないという場合も少なくありません。
にもかかわらず、従前どおりの保険料を支払い続けるのは賢いことではありません。
特に、年齢とともに保険料は上昇を続けます。
保険金額が同様でも保険料は高くなるというわけです。

また、生命保険は「特約」として医療保険等がプラスされており、保険料を押し上げる原因になっています。
入院した場合、たいていのケースでは高額医療費として健康保険組合等から返金があります。
一時的な立替が必要なケースもあるでしょうが、保険金目当てで入院するのでない限り、必要でない場合が多いです。

このような、必要そうに見えるけど実は不要であり、保険内容から意味がないという特約は案外多くあります。
自分自身の生命保険の契約内容を見直してみてはいかがでしょうか。


≪特別リンク≫
無駄な保険の見直しを専門家に無料で相談出来るサイトです => 保険の見直し 相談